So-net無料ブログ作成

ポルトガル旅行 [コスタデルソルでの生活]

IMG_3593.jpg

*ヘレス・ラ・フロンテラのカテドラル

今朝ベナルマデナを出発し10日間のポルトガル旅行を開始。

今1泊目のヘレスのホテルでこのブログを書いている。

当初マラガからリスボンの往復は空路を考えていたが、いつも利用する

マラガのレンタカーが格安な為、レンタカーにした。

日本でレンタカーを借りるとエコノミーカーでも1日6〜7千円+保険料で

1万円近く掛かるが(ガソ別)、このレンタカーの料金は10日間+フル・

プロテクションの保険込みで総額184ユーロ=約2万4千円(1日2,400円)

と超安い。

IMG_3590.jpg

*借りたルノー。メガネと書いてフランス語ではメガーヌと発音するらしい。

ヘレス・デ・ラ・フロンテラはシェリーワインの産地で世界的に有名だ。

先ほどワイナリー「ティオ・ぺぺ」を訪問して来た。

ここにはスペインの王様やピカソなど多くの著名人が署名した樽があり、

その中に5月から天皇陛下になられる皇太子様ご署名の樽もあった。

IMG_3604.jpgIMG_3602.jpg

ここには約4000樽が寝ているとの事。

IMG_3607.jpg*ティオぺぺシェリーワイナ工場

工場見学は昨日ネットで予約した。

遊園地の様な赤いミニ列車に乗り約1時間の見学と4種のシェリーワインの

テイスティング+タパス3品付きで1人22ユーロ。

IMG_3608.jpg

以前見学したスコッチウイスキー工場やカールスバーグビール工場見学と

比べても悪くなかった。


今日のヘレスの気温は26度で真夏並みだった。

今日は約300キロ走ったが、明日はリスボンまで500キロ走る予定だ。


橋本


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

マラガのカーニバル [コスタデルソルでの生活]

IMG_3428.jpg*私が一昨日撮影した

カーニバルと言えば”リオのカーニバル”や”ベニスのカーニバル”が

有名だが、マラガのカーニバルも大変盛り上がっていた。

リオのカーニバルはテレビでしか見た事ないので比べられないが、

ここのカーニバルはどちらかと言えば仮装行列に近く、楽しむ為の

お祭りだ。スペイン人は兎に角お祭りが好きだ。

マラガのカーニバルは2月23日(土)に始まり一昨日3月3日(日)に

終わったが、私は3月2日と3日に観てきた。

3月2日の夜は商店街マルケス・デ・ラリオス通り約500メートルを

仮装行列が紙吹雪を撒きながら往復し、周りは観客でごった返す。

IMG_3240.jpg

*3月2日夜のマルケス・デ・ラリオス通り。夜8時ごろ

IMG_3214.jpg

*スペイン人は楽しみ方を知っている。大盛り上がり。地元のテレビ局も

IMG_3264.jpg

3月3日(日)は16時から町中を練り歩き海岸へ。

よく分からなかったが、19時に海岸に着きイワシの張りぼてを

燃やして終了らしい。

IMG_3347.jpg

*子供のチームを含め数十組がダンスをしながら街を練り歩く

IMG_3363.jpg

*マラガの歌にあわせてノリノリのダンス

IMG_3411.jpg

*ボリビア?からのダンシングチーム。スペインは元宗主国

IMG_3430.jpgIMG_3429.jpgIMG_3431.jpg

スマホを向けると皆ポーズを取ってくれる。

兎に角楽しいお祭りだった。


橋本

*カーニバルは宗教的には今日3月5日(火)が最終日だが都市により

期間が異なる様だ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

マルベーリャ [コスタデルソルでの生活]

IMG_3139.jpg*マルベージャ行き路線バス

昨日路線バスでマルベージャへ行った。

私の住むベナルマデナから列車で終点フエンヒロラ迄行き(10分)そこから

路線バスで約50分だ。料金は片道500円程。マラガからは約50㌔。

マルベージャはコスタデルソルで一番の高級リゾートで5つ星ホテルも

5〜6軒ある。ヨーロッパでの知名度と人気は抜群だ。

IMG_3144.jpg*マルベージャの海岸

IMG_3156 (1).jpg

2月28日はシーズンオフだがビーチ沿いのプロムナードは沢山の人で

賑わっていた。

リゾートであるマルベージャにはもう一つの顔がある。

この町の旧市街は大変綺麗で趣がある。

IMG_3164.jpgIMG_3168.jpg

入り組んだ路地と白い街並みが続き高級ブティックも多い。

IMG_3162.jpgIMG_3170.jpg

*上が可愛いマルベージャの市庁舎、右が旧市街の教会

この写真では見えないが市庁舎前の広場には5〜6軒のレストランが

テラスを出していた。


橋本

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

帰って来ました [コスタデルソルでの生活]

IMG_3111.jpg*ヒースロー空港,ボーイング777

寒い日本を後にしコスタデルソルに帰って来た。

往路はイベリア航空利用だったが、復路はBA利用ヒースロー経由で

マラガに着いた。17時間の旅だった。

今回のチケットは格安で燃油・空港税込み往復1人475ユーロだったが、

往復ともスターアライアンスの飛行機だったのでJALのマイレージが付いた。

IMG_3136.jpg*レストランの窓から

先程ビーチから帰って来た。

昼食を海岸沿いのレストランで摂った。

タパス(小皿料理)6品とフルボトルワイン1本で計20ユーロだった(2人分)。

タパスは手羽先4本、ミートボール4個、フィッシュポール4個、

つくね風くし刺し1皿、ポテトサラダ1皿、スペインオムレツ1皿、パン付き。

どの料理も美味しかった。満足。

IMG_3133.jpg*タパス6品

帰り道、綺麗な花を見かけた。カンナの一種かな?

IMG_3117.jpg*トロピカルな花

橋本


タグ:タパス
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2度目の帰国とバルセロナ盗難の後始末 [コスタデルソルでの生活]

IMG_3108.jpg*イベリア航空機内

3日前 (2/06水) 成田空港に着いた。今回の帰国は2週間の予定だ。

東京のマンション(自宅)のドアーを交換する為、在宅が必要となり

1ヶ月前に飛行機の予約を入れた。

往路がマドリッド経由イベリア航空、帰路がロンドン経由BA利用で料金は

燃油、空港使用税等を含め総額1人475ユーロ=60,618円だ。

料金の内訳は往復航空券代が378ユーロ=約48,000円、燃油と空港使用税等で

98ユーロ=12,600円。札幌往復と変らない。現地で買うとメッチャ安い。


タイミングが良く(?) 2週間前にバルセロナ地下鉄内で財布を擦られたので

昨日と一昨日はJALとANAカードの再発行依頼、公共料金引き落しカード番号の

変更、運転免許証再発行等を済ませた。

スペインのクレジットカードとキャッシュカードは既に再発行済み。

後はスペインの住民カードの再発行だけだ。

どう言う訳か住民カードの再発行には2ヶ月かかる(19ユーロ)。訳分からない。

日本の運転免許証の再発行は3,500円で1時間で完了。

この盗難で色々不便はあったが2万円程の損失で済みそうだ。

大事にならず良かった。

IMG_0199.jpg*今日自宅のベランダから

今日は東京でも雪が降り寒い。日本の物価は高すぎる、スペインの2倍。

早くコスタデルソル へ帰りたい!!


橋本

nice!(0)  コメント(0) 

フエンヒローラの蚤の市 [コスタデルソルでの生活]

IMG_3097.jpg*ユニークな大型人形。

昨日 日本人の隣人に勧められフエンヒローラの蚤の市に行った。

フエンヒローラは私が住むベナルマデナの隣町で列車で15分程、人気リゾートで

何度か行った事はあるが、ここの蚤の市は初めてだ。

以前紹介した通り、ベナルマデナにも毎水曜日に大きな蚤の市が立ち、これまで

古時計、籐椅子、CDプレーヤーなどを買ったが、売ってる物の殆どはガラクタだ。

それに比べフエンヒローラの蚤の市は毎土曜日に開催され規模はベナルマデナの

2倍以上で1000店舗近くあるのでは。売っているものはアンティークなども多い。

IMG_3084.jpg

IMG_3087.jpg

IMG_3092.jpg

IMG_3091.jpg

以前マドリッドの蚤の市に行ったがフエンヒローラの方が規模が大きい。

お店が延々と続き大変は人混みだった。

IMG_3101.jpg

上の品物はアンティーク(100年以上)ではないが大変趣があるので買った。

キャンドル立て2対で12ユーロ、ゴルフプレイヤーは10ユーロ、白鳥2羽と

香水入れはそれぞれ各1ユーロで買った。

日本に持って帰ります。


橋本

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

コスタデルソル の冬 [コスタデルソルでの生活]

IMG_3060.jpg*昨日のトレモリノス海岸

11月頃に雨の日や風の強い日はあったが、1月に入って快晴の日が続く。

気温は日中は17~20度で最低気温は7~13度だ。

17度では日陰で寒く感じる時もあるが日中の日差しが強いので半袖シャツで十分だ。

昨日(1/27・日)も天気が良かったのでトレモリノス(隣町)までバスで行き、

帰りの約7キロを海岸沿いの遊歩道=プロメナードを女房と2人で歩いて帰ってきた。

シーズンオフで多くのレストランは閉まっているが、日曜日はスペイン内陸部

(コルドバやセビリア)からのスペイン人で結構賑わい昼食レストランの席を

見つけるのに苦労した。

IMG_3066.jpg

*トレモリノスからベナルマデナへの途中、昨日の「カリウエラ海岸遊歩道」

*トレモリノスから私の住むベナルマデナ迄はこの様な海岸遊歩道が約10キロ続く。

トレモリノスから約5キロ、私のアパートから2キロ程のところに

「ベナルマデナ・プエルトマリーナ」があり、この地区の観光の目玉

にもなっている。

IMG_3072.jpg

*昨日お茶をしたプエルトマリーナのカフェ(上)、プエルトマリーナの全体図(下)

スクリーンショット 2019-01-28 14.04.06.png*ホームページより

ここは以前にも紹介したと思うが20年程前に出来たマリーナで約1100艘の

ボートが係留できるとの事。またコンドミニアムやお店だけでなく

レストランやバーが百数十軒(多分)あり観光客で賑わう。

シーズンオフのウイークデーはひっそりしているが昨日は賑わっていた。

IMG_3055.jpg*ベナルマデナ遊歩道

上の写真はベナルマデナの遊歩道で私のアパートから徒歩12~15分の所にある。

私と女房は週に数回このカフェでカフェオレかビールを飲む。

昨日の散策で少し日焼けした。


橋本


タグ:カリウエラ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

素敵な都市バルセロナと盗難 [コスタデルソルでの生活]

IMG_3015.jpgIMG_3013.jpgグラダファミリア

1昨日の深夜にバルセロナ(2泊3日)から帰って来たが、バルセロナの

地下鉄車内でスリにやられた。バルセロナの地下鉄のモニターには日本語でも

「スリにご注意」のテロップが流れる。私も危険は承知なので財布は後ろ

ポケットではなくポシェットに入れていたがチャックを開けられ財布が

無くなっていた。財布の中身は現金は80ユーロ程、クレジットカードが4枚、

日本の運転免許証とスペインの住民カード等が入っていた。

クレジットカードは直ぐに使用不可にしたが、昨日は朝から2時間近く地元の

警察に行きスペインの住民カードの再発行手続きをした。

これまで旅行業界で30数年間働き、お客様へはいつもヨーロッパでは盗難に

注意する様に言い続けて来たが、自分がやられてはシャレにならない、、、

恥ずかしい!!!

犯人はアラブ女性数人。話しかけられ、何を言ってるのかよく分からなかったが

乗換え駅が分らないのかと思い1分ほど耳を傾けたところ、彼女たちは次の駅で

降りその1分後にポシェットのチャックが空いているのに気づいた。

直ぐに地下鉄保安官に連絡し詳細を話し、その後近くの警察で盗難証明をもらった。

皆様も海外へ行くときはくれぐれも盗難にご注意下さい。

IMG_3025.jpg*カサバトリョー

バルセロナは綺麗な街だ。

私が初めてこの町に来たのは40年以上前になる。その後何度か来ているが

いつもグループと一緒なので余り観光をしていない。

3年前にも来たが大きな団体と一緒だったのでずっとホテルでチェックインと

荷物の世話をしていた。

昔から有名なランブラス通りは変らない。しかしカタルーニャ広場から

北に伸びるグラシア通りは見違える程綺麗になったと思った。

ガウディ作のカサ・ミラやカサ・バトリョは変わらないが、世界のブランド

店が豪華でおしゃれなビルに入っている。

ザラ、マンゴ、ベルシュカ、H&M、ユニクロなど今最も勢いのあるお店が

豪華絢爛なビル内にあり、シャンゼリゼやリーゼントストリートと比べても

引けを取らない。

バルセロナでも日本人グループは少なく、韓国のグループが目立った。

IMG_3021.jpg*Boca Grande

スリにあった後、ヤケクソでバルセロナで今一番人気のバー・レストラン

と言われる「ボカ・グランデ」へ行った。女房のカードで。

10日ほど前に日本のテレビでも紹介されていた。

一番安いワイン1本+えび料理+ムール貝料理+パン・トマトで合計

1万円程だった。今はやりのヤング・エグゼクティブ風の人が多く

私の行く場所ではないと感じた。

IMG_3039.jpg*カタルーニャ音楽堂

今回の旅行で特に行ってみたかったのがカタルーニャ音楽堂だ。

世界遺産にも登録されている大変綺麗な音楽堂だ。

舞台が小さいので通常のコンサートホールより座席数が少ないと思ったが

3階席が奥深く2200席あるらしい。


マラガ〜バルセロナ間の往路はライアンエアー、復路はブエルングで

飛んだ。ライアンエアーの料金は1人24ユーロ、ブエルングは1人27ユーロ

だった。シーズンオフなのでめっちゃ安い。



橋本

タグ:バルセロナ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

1月6日クリスマスホリデー最後の日 [コスタデルソルでの生活]

IMG_2893.jpg

*ベナルマデナ1月6日夜。町の人口約6万人でこの人出。

驚いた!! こんなに沢山の人が居たとは!!

スペインのクリスマスは12月24日神の子キリスト様がお生まれになった

前日から1月6日の「東方三賢人の日」まで続く様だ。

(ジングルベルやホワイトクリスマスの曲がこの日まで流れる)

クリスマスイブは日本のお正月同様、家族でお祝いする為か街は比較的

静かだが1月5日の夜(東方三賢人の日の前夜祭イブ)はお祭りだ。

スペイン各都市でこのお祭りがあるとの事だがここベナルマデナでも

歩ける人は皆な街に繰り出す。

IMG_2930.jpg

ちょっと貧弱なデズニーキャラクター擬きが何十代かの台車に乗って
街を練り歩く。飾られた台車には子供達が乗っていてキャンディーを群衆に
投げ、それを子供も大人もキャーキャー言いながら拾いあい街は大騒ぎだ。

IMG_2898.jpg

IMG_2912.jpg*東方三賢人の一人

子供達は皆スーパーのレジ袋を持っていて袋一杯のキャンデーを拾う。

私も子供達をかき分けキャンディーを拾った。

IMG_2935.jpg*拾ったキャンディー40個

クリスマス前はスーパーなどでフルーツケーキが山積みで売られていた。

多分これがこちらのクリスマスケーキ。

IMG_2942.jpg*こちらのクリスマスケーキ?

1月6日(東方3賢人の日」のケーキとしてこのドーナツ型の柔らかい菓子パンが

スーパーに山積され飛ぶ様に売れていた。

IMG_2940.jpg*1月6日に食べるケーキ

これで冬休みが終わり、サー1月7日(月)から学校が始まる。


橋本


nice!(0)  コメント(0) 

セビリア観光 [コスタデルソルでの生活]

IMG_2860.jpg*世界遺産セビリアの大聖堂

マラガからセビリアへはコルドバ乗り換えのAVE新幹線が早いが料金が

倍なので、昨日は中距離列車でセビリアへ行った。

一昨年(2017)11月の大雨による線路被害と列車脱線事故以降、この路線は

現在も一部区間がバス輸送の為、片道3時間20分掛かる。

通常片道料金は24ユーロだがシニア割引で15ユーロ。

到着後現役時代の癖が出て、以前良く使った大型ホテルをタクシーで見て回り

女房からブーイングを貰ったが最後にホテル・アルフォンソ13世のロビーで

コーヒーを注文し機嫌を直してもらった。

ホテル・アルフォンソ13世は小ぶりだが気品のある良いホテルだ。

IMG_2840.jpg

*アルフォンソ13世。セビリアで一番高いホテルで1泊3万円程から。場所も良い。

3時すぎに世界遺産で有名なアルカサル宮殿へ行ったが、200メートル程の

長い行列で入場できなかった。ネット予約をしてくるべきだったと反省。

IMG_2858.jpg

近くのヘレス広場でフラメンコを踊っていた。プロの踊りで見応えがあり

もっと観たくなりサンタクルス地区へ移動、夕食の後地球の歩き方にも

載っている「カサ・デ・ラ・ギターラ」でフラメンコショーを楽しんだ。

シニア割引で1人15ユーロ、通常18ユーロ。小さなステージだが迫力があった。

IMG_2865.jpg

昨日はクリスマスの最終金曜日の為か街は人で溢れていた。

(1月6日がクリスマスの最終日でこの日までジングルベルが街に響く)

IMG_2869 (1).jpg

帰りは同じルートで夜8時発の列車に乗り23時25分定刻にマラガ着。

そこから列車で30分、ベナルマデナの自宅に着いたのは夜中の12時15分。

列車代を含め昨日の出費は2人で2万円程だった。


橋本


追記:正月のお雑煮にはもちろんお餅も入れました。(日本から持参)


タグ:セビリア
nice!(1)  コメント(0)